2013年度から介護職の資格取得制度が変わりました|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 2013年度から介護職の資格取得制度が変わりました
2013年度から資格取得制度が変わりました!

2013年3月までは、介護のキャリアパスにはさまざまな方法が存在しました。その複雑さゆえ、上級資格取得まで遠回りになってしまったり、介護職でのキャリアアップの見通しが持てなかったりするケースがありました。

そこで、介護職に長く携わりたいと考える方を支えることを目的に、2013年4月よりキャリアパスがわかりやすく体系化されました。それに伴い、「ホームヘルパー2級」も「介護職員初任者研修」と名称を改め、職業人として備えるべき基礎をしっかりと学び、考えるケアを実践しながら成長するための素地を身に付けるべく、資格取得までのフローが変更となりました。

  1. ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」へ

    ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」として生まれ変わりました。この「介護職員初任者研修」は、職業人として備えるべき基礎をしっかりと学び、考えるケアを実践しながら成長するための素地を身に付けることが目的としています。

    • これまでの「ホームヘルパー2級」
    • 2013年4月以降「介護職員初任者研修」
  2. ホームヘルパー1級は「実務者研修」へ

    2013年4月より資格取得のキャリアパスが見直され、ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修は「実務者研修」に一本化されました。そのため、資格取得にあたっては過去に受講した研修内容の一部は免除されます。ただし、実務者研修で新たに加わった喀痰吸引等の研修(医療的ケア)については、取得している資格に関わらず、演習を修了する必要があります。

    実務者研修終了に必要な受講時間

  3. キャリアパスの一本化

    複雑な養成体系を整理し、シンプルな内容に一新されました。「介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士(仮称)」を基本に、目標を立てやすい養成ルートとなっています。
    ※認定介護福祉士(仮称)については現在、修得条件の詳細などが検討されている段階です。

    • キャリアパスの現状
    • 今後のキャリアパス
  4. 介護福祉士の受験資格・資格取得ルートの変更

    介護福祉士は、受験資格・資格取得ルートが大きく変更になります。2016年度から国家試験の受験資格に、現状の3年以上の実務経験に加えて「実務者研修(450時間)」の受講が義務付けられることになりました。

    • 介護福祉士の受講資格・資格取得ルートの変更
    • 2016年4月以降の介護福祉士の受験資格・資格取得ルート

このページの先頭へ

ほっと倶楽部はココがスゴイ!

● 筆記試験合格まで徹底サポート
介護職員初任者研修では修了評価と言われる筆記テストが加わります。
修了評価の合格ラインは70点以上。筆記テストと聞いて不安な方も、ご安心ください。不合格となってしまった方も、合格点に達するまで、みなさまをしっかりサポートいたします。

これまでに、私が取得した資格はどうなるの?

Q. 資格を取得しているのですが…

「せっかくホームヘルパー2級とったのに…」
「自分の時間が持てるようになったから、昔取った資格を生かそうと思ってたのに……」

A. そんな方もご心配なく!

これまでに取得した資格は、新しい資格取得制度でも従来と同等の扱いをされます。従来の資格からのステップアップをお考えの方は、下記の「キャリアアップへのステップ 介護福祉士への道」をご覧ください。

キャリアアップへのステップ【介護福祉士への道】

現在「無資格」の方は…

資格は持っていないがこれから介護の仕事をめざしたい、という方は、まず介護資格の入り口である介護職員初任者研修講座を受講しましょう。

介護職員初任者研修について詳しくは、こちら

現在「ホームヘルパー2級」または「介護職員初任者研修」をお持ちの方は…

ホームヘルパー2級または介護職員初任者研修をお持ちの方は、実務者研修の時間が130時間免除となります。

実務者研修について詳しくは、こちら

現在「ホームヘルパー1級」をお持ちの方は…

ホームヘルパー1級をお持ちの方は、実務者研修の時間が355時間免除となります。

実務者研修について詳しくは、こちら

現在「介護職員基礎研修」をお持ちの方は…

介護職員基礎研修をお持ちの方は、実務者研修の時間が400時間免除となります。

実務者研修について詳しくは、こちら

現在「介護福祉士の受験資格」をお持ちの方は…

すでに介護福祉士の受験資格をお持ちの方は、ポイントを絞った学習が可能な「介護福祉士受験対策講座」がおススメです。

介護福祉士受験対策講座について詳しくは、こちら