どのような求人がありますか?|実務者研修|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格ならほっと倶楽部
  2. 実務者研修
  3. Q&A
実務者研修

実務者研修Q&A

  1.  

     

    Q.どのような求人がありますか? 

    A.実務者研修を取得すると、サービス提供責任者として就職することが可能になり、無資格者や介護職員初任者研修取得者と比較すると、就職先も選択の幅が広がります。


    なぜなら、サービス提供責任者は、ケアマネージャーが作成したケアプランに基づき、より具体的に訪問介護計画書を作成したり、ヘルパーへの指導、人材の育成等訪問介護サービスに関する管理業務全般に携わることができるようになります。
    また、訪問介護事業所では必ず1人サービス提供責任者を配置しなければいけないことになっていますので、この資格を取得していると就職活動時には非常に有利に働きます。


    求人としては、特別養護老人ホームや老人保健施設等の施設サービス、グループホーム等の地域密着サービス、デイサービスや訪問介護事業所等の居宅サービス、民間のサービス事業者等において求人がかかることが多いです。
    実際には、“サービス提供責任者募集”と求人が出ていることもあれば、“介護業務経験者募集”、“資格所有者優遇”等と求人が出ていることもあり、就職先によってはその他の介護職員と同じように身体介護・生活援助等の現場に入る業務がメインであることもあります。
    もちろん、無資格であるよりもはるかに就職に有利ではありますが、就職後にはサービス提供責任者として管理業務に就きたいと考えている場合には、業務内容に関して事前に確認が必要でしょう。


    その他、実務者研修を取得者に対しては、実際の業務内容が他の介護職員(初任者研修取得者や無資格者)と重複していたとしても、より上位の資格取得者として評価され、資格手当が加算されたり、介護職員内でのリーダー的ポジションを任されることにより、役職手当等の収入が見込める職場もあります。
    なかなか給与の面で知識や努力が反映されにくいと言われている介護業界ですが、このように知識、専門性をきちんと給与として評価してくれる職場もありますので、長く介護業界で仕事を続けていくつもりならば是非取得しておきたいですね。



このページの先頭へ

その他おすすめのコース