喀痰吸引等研修の講座受講・お仕事内容 関西エリア|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 喀痰吸引等研修
  3. 関西・東海エリア
喀痰吸引等研修
喀痰吸引等研修受講料割引キャンペーン

喀痰吸引等研修とは

喀痰(かくたん)吸引等研修は、介護職員が、一定の条件の下でたん吸引等の実施が可能となったことを受けて、2012年4月から始まった研修です。研修(実地研修含む)の修了によって、お勤めの施設や在宅サービスで喀痰吸引などを行うことが認められます。介護職としてのケアはもちろん、こちらの研修を受けることによって、さまざまな状況の利用者様のケアを行うことができます。

喀痰吸引等研修の種類
対象者 内容
第1号研修 不特定の方に行うことができます 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)の5行為すべてを行う
第2号研修 上記5行為のうち1~4行為を選択して行う
第3号研修 特定の方にのみ、行うことができます 特定の方に対する必要な行為を行う

※人工呼吸器装着者に対する演習は実施しません。(一部地域を除く)

※経管栄養は「摘下」での実施ですが、「半固形栄養剤」による別途研修も可能です。
オプション:1日、別途料金(一部地域を除く)

喀痰吸引等研修受講料割引キャンペーン


講座内容・講師メッセージはこちら

このページの先頭へ

喀痰吸引等研修受講後の主なお仕事

今までは介護職員による「たん吸引」などは認められていませんでしたが、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員は、医療や看護との連携による安全確保が図られていることなどの、一定の条件のもとで「たんの吸引等」の行為を実施できることになりました。対象となる範囲はたんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻経管 栄養)となっています。

 

【1・2号研修】

介護保険施設や障がい者施設等において、適切に喀痰吸引等が実施できる介護職員等を養成することを目的として研修を行い、それ以外の有資格者以外の者も受けることの出来る、不特定者対象の講座になります。

【3号研修】

居宅及び障害者支援施設等において、安全かつ適切に喀痰吸引等が実施できる介護職員等を養成することを目的として実施され、当研修で実地研修を行った特定の利用者に対し、受講した特定の行為に限り実施することができます。研修対象者は、居宅及び障害者(児)施設等(医療機関を除く)で福祉サービスに従事している介護職員及び介護福祉士、障がい者(児)サービス事業所、特別支援学校の教員、保育士で、特定の者に対してたんの吸引等の行為を行う必要のある者に限られています。

受講の目的

喀痰吸引等研修を修了すると、医療・看護の連携が図られていて、一定の条件を満たす事により、介護現場で痰の吸引・経管栄養等の行為を介護職員が提供できるようになります。介護の世界でスキルアップを図りたい方に人気の資格です。
医療機関だけでなく、高齢者施設や障がい者(児)施設にも喀痰吸引・経管栄養の行為を必要としている方々が生活しています。たんの吸引などを必要としている在宅生活の方も増えてきていますので、活躍の場は広がっています。「介護」の枠を超えて、医療行為の一旦を担うことで利用者の安定した生活を支えることができ、自らのスキルを高めることにもつながります。

 

このページの先頭へ

喀痰吸引等研修 実務者研修修了者専用コースのご案内

このページの先頭へ

受講対象者・受講に必要な資格

<標準コース>
受講のために必要な資格はありません。

<医療的ケア(基本研修)修了者コース>
1.ほっと倶楽部または他校で実務者研修を修了した方。
2.介護福祉士養成校(専門学校)で「医療的ケア」科目を修了した方
3.喀痰吸引等研修2号修了者で実施行為の追加が必要な方

▼実地研修先紹介を希望される際の注意事項
※ほっと倶楽部からの実地研修先のご紹介は各コース上限人数がございますので予めご了承下さい。
※ご紹介できる行為は、第2号研修のうち3行為(口腔内の喀痰吸引、鼻腔内の喀痰吸引、胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養)のみとなります。

[このような方が受講しています]

  • 喀痰吸引や経管栄養が必要なご利用者様がいらっしゃる事業所・施設にお勤めの方
    ※勤務先の事業所が「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)」登録済みまたは登録予定であること
  • 介護職として、今後スキルアップをめざして幅広いケアができるようになりたい方

⇒奈良県より受託した平成28年度奈良県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒川崎市より受託した平成30年度川崎市介護職員に係るたんの吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒相模原市より受託した平成28年度相模原市喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒千葉県より受託した平成29年度千葉県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒埼玉県より受託した平成25年度埼玉県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒神奈川県より受託した平成29年度神奈川県たんの吸引等に係る介護職員等研修についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

梅田駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

天王寺駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

三ノ宮駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

※下記コースの価格は早期申込み割引キャンペーン価格となります。
・喀痰吸引等研修(標準コース) 実地研修先紹介あり
・喀痰吸引等研修(標準コース) 実地研修先紹介なし

カリキュラム一例(喀痰吸引等研修-関西)

※上記は一例になります。カリキュラムの内容は各都道府県によって変わります。詳しくは各講座ページでご確認ください。

■喀痰吸引等研修(標準コース) ※実地研修先紹介あり
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~18:30 開校式
医療的ケア(保健医療とチーム医療)
医療的ケア(人間と社会)
安全な療養生活
2 第2週 9:45~18:00 清潔保持と感染予防
健康状態の把握
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論1
3 第3週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論2
4 第4週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論3
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」実施手順解説(1)
5 第5週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論1
6 第6週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論2
高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」実施手順解説(1)
7 第7週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引・経管栄養」実施手順解説(2)
筆記テスト
8 第8週 9:45~17:30 ・たんの吸引
(口腔内の喀痰吸引 5回以上、鼻腔内の喀痰吸引 5回以上、気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上)
9 第9週 9:45~17:30 ・実習オリエンテーション
(実地研修にあたっての注意事項説明)
・経管栄養
(胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上、経鼻経管栄養 5回以上)
・救急蘇生法
(緊急蘇生法 1回以上)
10 実習期間 -

【実地研修】

<たんの吸引>
・口腔内の喀痰吸引 10回以上
・鼻腔内の喀痰吸引 20回以上
・気管カニューレ内部の喀痰吸引 20回以上

<経管栄養>
・胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 20回以上
・経鼻経管栄養 20回以上

■喀痰吸引等研修(標準コース) ※実地研修先紹介なし
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~18:30 開校式
医療的ケア(保健医療とチーム医療)
医療的ケア(人間と社会)
安全な療養生活
2 第2週 9:45~18:00 清潔保持と感染予防
健康状態の把握
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論1
3 第3週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論2
4 第4週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論3
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」実施手順解説(1)
5 第5週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論1
6 第6週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論2
高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」実施手順解説(1)
7 第7週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引・経管栄養」実施手順解説(2)
筆記テスト
8 第8週 9:45~17:30 ・たんの吸引
(口腔内の喀痰吸引 5回以上、鼻腔内の喀痰吸引 5回以上、気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上)
9 第9週 9:45~17:30 ・実習オリエンテーション
(実地研修にあたっての注意事項説明)
・経管栄養
(胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上、経鼻経管栄養 5回以上)
・救急蘇生法
(緊急蘇生法 1回以上)
10 実習期間 -

実地研修(たんの吸引、経管栄養)

※実地研修先の施設はご自身で確保して頂きます。

■医療的ケア(基本研修)修了者コース
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~16:45

喀痰吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)
経管栄養(胃ろう腸ろう、経鼻経管)

2 第2週 9:45~17:30

【実技演習】

・口腔内の喀痰吸引 5回以上
・鼻腔内の喀痰吸引 5回以上
・気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上

3 第3週 9:45~17:30

【実技演習】(経管栄養・救急蘇生)
・胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上
・経鼻経管栄養 5回以上
・救急蘇生法  1回以上


このページの先頭へ

ほっと倶楽部はココがスゴイ!

「福祉の教室 ほっと倶楽部」の運営会社であるニッソーネットは、教育事業のほか、介護・保育・看護に特化した人材サービス事業を行っております。人材サービス事業での経験を生かし、働きながらの資格取得や、資格取得後の就業を支援しています。

またそのほかにも、当校独自の割引制度や、駅近の教室、安心の受講料などの特典を多数ご用意しております。

  1. POINT1

    演習前の講義でシミュレータを用いて喀痰吸引・経管栄養の手順を学べる!

    講義でもシミュレータを用いて、介護現場に近い環境で喀痰吸引・経管栄養の手順を学ぶことができます。評価を受ける前にしっかりと学習ができているため、スムーズに手順を進めることができ、合格率が高まります。

  2. POINT2

    ほっと倶楽部の修了生の方への割引など
    おトクな特典あり!

    ほっと倶楽部でホームヘルパー2級や介護職員基礎研修を修了されている方は受講料を割引いたします!

    受講料・割引制度一覧について、詳しくはこちらへ

  3. POINT3

    講師経験だけでなく介護現場での経験も豊富な質の高い講師陣が、実践で生かせるスキルを伝授!

    ほっと倶楽部の大きな自慢の一つが、講師陣の質の高さ。
    講師経験が豊富なだけでなく、医療現場で実践を積んだプロの講師が、介護現場でも役立つ実践的な知識・技術をお伝えします。

このページの先頭へ

講師からのメッセージ

 

関西エリア担当 松岡妙子先生ほっと倶楽部で喀痰吸引等研修を担当させていただいております講師の松岡と申します。

私は受講生の方が初めて行う医療的ケアで不安や戸惑うことがない様、わかりやすく丁寧に説明する講義を心掛けております。

喀痰吸引の講座は、自分自身で痰を出すことが困難な方の吸引や、食事を食べることが困難な方に対して経管栄養が実施出来るようになる講座です。現在の様々な社会的背景からニーズが高く、今後も更に注目されていく資格となっております。

受講される方は、業務上必要になった方、施設でこれから痰の吸引や経管栄養を導入される方、目の前で痰が溜まって苦しそうにされていることに対してもどかしさを感じ、吸引出来る資格があればと感じている方など、様々な理由で受講されております。

講義の内容は、喀痰吸引や経管栄養の知識・技術、安全や感染対策、倫理、救急蘇生、緊急時の対応、利用者や家族の心理面のアプローチ等と様々で、日々の業務にも役立つ内容となっております。

参加された受講生の方から「少し気をつけて清潔操作すれば病気は減るんですね」「今までやっていたことには、こんな意味があったんだ」「普段は接することのない他の施設の方と話す機会が出来、情報交換出来たことで視野が広がった」「今まで痰が出せなくなった人や食事が出来ない人の気持ちをゆっくり考えたことが無かったのでとてもよい機会だった」などのお声を頂いております。

知識と資格を得た皆様が痰の吸引や経管栄養を現場で実施されれば、利用者の方やご家族の方も安心され、より良いケアに繋がると思います。

講座でお会いできるのを楽しみにしております。


ほっと倶楽部 関西エリア(大阪・兵庫) 講師 松岡

 

このページの先頭へ

事務局からのメッセージ

 

関西エリア担当 松岡妙子先生ほっと倶楽部関西事務局の長谷川と申します。

南大阪支社にて介護スタッフの方々と職場を結びつけるコーディネーターのお仕事を経て、現在、教育事業部で受講講生の皆様をサポートする事務局としてお仕事をさせていただいております。何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、皆様もご存じのとおり、平成24年4月の「社会福祉士および介護福祉士法」の一部改正により、介護職のキャリアパスがより明確化されました。

ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修、介護職員基礎研修は実務者研修へと、その名称と内容を変え、更に国家資格である介護福祉士も平成27年度までは実務経験が3年以上あれば受験できますが、平成29年1月の受験より、それに加え実務者研修を修了していることが条件となります。

このように、今後、介護職のキャリアアップにはどんどん専門性が求められようになりますが、喀痰吸引等研修もそのひとつとなります。

この喀痰吸引等研修ですが、次のように定義されています。
『治療を目的とした医行為ではなく、日常生活を送るための必要な医行為である。あくまで利用者や家族の生活の質を増進させることを目的としたものであること』 つまり、ご利用者様が不便なく日常生活を過ごすための研修ということです。 逆に言えば、これほど実用的な資格はないと言えるのが喀痰吸引等研修なのです。 内容としては1号~3号まであり、その号によって実施できる範囲が異なります。 今まで1号研修は、喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)・経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)の5行為すべてを必要とし、2号研修はそのうち喀痰吸引(口腔内・鼻腔内)・経管栄養(胃ろうまたは腸ろう)の3行為を必要としていましたが、この規定により、各事業者様も実地研修の実施に頭を悩ませていらっしゃいました。

しかし、平成27年4月の改正により3行為必要だった2号研修がなんと1行為のみで修了できるようになりました。
今まで各事業所におけるご利用者様の状況により、なかなか実地研修を行えず受講を見送っていた事業者様・介護職員の方々にとっては朗報といえるのではないでしょうか!!

喀痰吸引等研修は難易度が高いのでは?と思われがちですが、前提となる資格はいりませんし、現場やご利用者様にとって直接的な効果のある資格であると私は考えております。

福祉の教室ほっと倶楽部は、個性豊かな講師陣による実践的な講義でご好評をいただいております。ご受講いただいた方からは「教科書をなぞるだけでなく、現場で使えるスキルを学ぶことができる」とのお言葉もいただいています。中には「またあの先生の話を聞きたい!」とリピーターとして各種セミナーに参加される方もいらっしゃいます。

目の前のご利用者様へより良いケアを行うため、ぜひこの喀痰吸引等研修をご検討ください。
皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

ほっと倶楽部 関西事務局(大阪・兵庫) 長谷川

 

関西エリア担当 松岡妙子先生ほっと倶楽部関西事務局の俵と申します。

この会社に入ってすでに10数年…、梅田・天王寺校の事務局や介護職を目指す方々の人材コーディネーターのお仕事を経験しながら、自身もほっと倶楽部でホームヘルパー2級を取得して、大人になって勉強する大変さと楽しみを同時に味わいました。現在はほっと倶楽部関西事務局の一員として、大阪本社に在籍しておりますので、よろしくお願いします。

さて、受講生のみなさまからよくお受けする質問なのですが、喀痰吸引等研修は介護福祉士の資格をお持ちの方の免除はありません。その代わり、無資格の方でもご受講いただけますし、実務者研修を修了されている方には大幅な免除があるというのが特徴です。

実務者研修の修了生であれば、喀痰吸引等研修の座学(7日間)と演習(1日間)が免除となり、実地研修だけで修了できるのです。

実務者研修を修了された方は、是非この喀痰吸引等研修もご検討ください。
福祉の教室ほっと倶楽部は、皆様のキャリアアップを全力で応援してまいりますので、よろしくお願いします。

ほっと倶楽部 関西事務局(大阪・兵庫) 俵

 

関西エリア担当 松岡妙子先生ほっと倶楽部関西事務局の広瀬と申します。

育児休暇を経て、現在はまた事務局としてがんばっております。
日々育児に奮闘中ですが、受講生の方々がより良い環境で学べるよう努めてまいりますので、よろしくお願い致します。

これまでも講座運営に携わっておりましたが、休職中のめまぐるしい制度変更には驚いています。
その中の一つに、喀痰吸引等研修があります。

ほっと倶楽部の喀痰吸引等研修は「摘下」での経管栄養研修に加え、「半固形栄養剤」による別途研修も用意しています。現場でたん吸引等を実施する介護職の方々の多様なニーズに対応出来るよう研修をご用意しております。

喀痰吸引等研修は難しいと思われがちですが、多くの方がケアの幅を広げるお手伝いが出来れば幸いです。ぜひ、喀痰吸引等研修の受講をご検討くださいませ。

教室でお会い出来ることをお待ちしております。

ほっと倶楽部 関西事務局(大阪・兵庫) 広瀬

このページの先頭へ

その他おすすめのコース


関西地方ってこんなところ

関西は大阪、兵庫、京都など都市部も多く、関東地方と中京圏に並び、高齢化率は全国で見ると少ないエリアになります。
しかし、大阪府では近年、サービス付き高齢者向け住宅が増加し、全国トップクラスの物件数になっています。介護スタッフが24時間常駐し、要介護度5の高齢者を受け入れている場合も多く、夫婦共に隣室同士で契約することもあるそうです。やはり、高齢者の夫婦にとってはお互い介護が必要な状況になってしまうことが多く、かといって、施設には入りたくなというような方々にとって、このような施設は重宝されています。そのため、大阪では介護職員の育成・指導に力を注いでおり、喀痰吸引を実施できるスタッフを配置している施設が約800件あり、喀痰吸引の有資格者は現場にとっても重要な存在となっています。



このページの先頭へ


  • 関西・東海エリア情報