喀痰吸引等研修の講座受講・お仕事内容 関東・北海道エリア|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 喀痰吸引等研修
  3. 関東・北海道エリア
喀痰吸引等研修
喀痰吸引等研修受講料割引キャンペーン

喀痰吸引等研修とは

喀痰(かくたん)吸引等研修は、介護職員が、一定の条件の下でたん吸引等の実施が可能となったことを受けて、2012年4月から始まった研修です。研修(実地研修含む)の修了によって、お勤めの施設や在宅サービスで喀痰吸引などを行うことが認められます。介護職としてのケアはもちろん、こちらの研修を受けることによって、さまざまな状況の利用者様のケアを行うことができます。

喀痰吸引等研修の種類
対象者 内容
第1号研修 不特定の方に行うことができます 喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)の5行為すべてを行う
第2号研修 上記5行為のうち1~4行為を選択して行う
第3号研修 特定の方にのみ、行うことができます 特定の方に対する必要な行為を行う

※人工呼吸器装着者に対する演習は実施しません。(一部地域を除く)

※経管栄養は「摘下」での実施ですが、「半固形栄養剤」による別途研修も可能です。
申込受付時に別途研修受講の意思確認をさせて頂きます。
オプション:1日、別途料金(一部地域を除く)

喀痰吸引等研修受講料割引キャンペーン


講座内容・講師メッセージはこちら

このページの先頭へ

喀痰吸引等研修受講後の主なお仕事

今までは介護職員による「たん吸引」などは認められていませんでしたが、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員は、医療や看護との連携による安全確保が図られていることなどの、一定の条件のもとで「たんの吸引等」の行為を実施できることになりました。対象となる範囲はたんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻経管 栄養)となっています。

 

【1・2号研修】

介護保険施設や障がい者施設等において、適切に喀痰吸引等が実施できる介護職員等を養成することを目的として研修を行い、それ以外の有資格者以外の者も受けることの出来る、不特定者対象の講座になります。

【3号研修】

居宅及び障害者支援施設等において、安全かつ適切に喀痰吸引等が実施できる介護職員等を養成することを目的として実施され、当研修で実地研修を行った特定の利用者に対し、受講した特定の行為に限り実施することができます。研修対象者は、居宅及び障害者(児)施設等(医療機関を除く)で福祉サービスに従事している介護職員及び介護福祉士、障がい者(児)サービス事業所、特別支援学校の教員、保育士で、特定の者に対してたんの吸引等の行為を行う必要のある者に限られています。

受講の目的

喀痰吸引等研修を修了すると、医療・看護の連携が図られていて、一定の条件を満たす事により、介護現場で痰の吸引・経管栄養等の行為を介護職員が提供できるようになります。介護の世界でスキルアップを図りたい方に人気の資格です。
医療機関だけでなく、高齢者施設や障がい者(児)施設にも喀痰吸引・経管栄養の行為を必要としている方々が生活しています。たんの吸引などを必要としている在宅生活の方も増えてきていますので、活躍の場は広がっています。「介護」の枠を超えて、医療行為の一旦を担うことで利用者の安定した生活を支えることができ、自らのスキルを高めることにもつながります。

 

このページの先頭へ

喀痰吸引等研修 実務者研修修了者専用コースのご案内

このページの先頭へ

受講対象者・受講に必要な資格

<標準コース>
受講のために必要な資格はありません。

<医療的ケア(基本研修)修了者コース>
1.ほっと倶楽部または他校で実務者研修を修了した方。
2.介護福祉士養成校(専門学校)で「医療的ケア」科目を修了した方
3.喀痰吸引等研修2号修了者で実施行為の追加が必要な方

▼実地研修先紹介を希望される際の注意事項
※ほっと倶楽部からの実地研修先のご紹介は各コース上限人数がございますので予めご了承下さい。
※ご紹介できる行為は、第2号研修のうち3行為(口腔内の喀痰吸引、鼻腔内の喀痰吸引、胃ろうまたは腸ろうによる経管栄養)のみとなります。

[このような方が受講しています]

  • 喀痰吸引や経管栄養が必要なご利用者様がいらっしゃる事業所・施設にお勤めの方
    ※勤務先の事業所が「登録喀痰吸引等事業者(登録特定行為事業者)」登録済みまたは登録予定であること
  • 介護職として、今後スキルアップをめざして幅広いケアができるようになりたい方

⇒奈良県より受託した平成28年度奈良県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒川崎市より受託した平成30年度川崎市介護職員に係るたんの吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒相模原市より受託した平成28年度相模原市喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒千葉県より受託した平成29年度千葉県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒埼玉県より受託した平成25年度埼玉県喀痰吸引等研修についてはこちらをご覧ください。
⇒神奈川県より受託した平成29年度神奈川県たんの吸引等に係る介護職員等研修についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

新宿駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

横浜駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

千葉駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

大宮駅前校 日程

現在、受講者を募集している講座はありません。

このページの先頭へ

※下記コースの価格は早期申込み割引キャンペーン価格となります。
・喀痰吸引等研修(標準コース) 実地研修先紹介あり
・喀痰吸引等研修(標準コース) 実地研修先紹介なし

カリキュラム一例(喀痰吸引等研修-関東)

※上記は一例になります。カリキュラムの内容は各都道府県によって変わります。詳しくは各講座ページでご確認ください。

■喀痰吸引等研修(標準コース) ※実地研修先紹介あり
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~18:30 開校式
医療的ケア(保健医療とチーム医療)
医療的ケア(人間と社会)
安全な療養生活
2 第2週 9:45~18:00 清潔保持と感染予防
健康状態の把握
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論1
3 第3週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論2
4 第4週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論3
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」実施手順解説(1)
5 第5週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論1
6 第6週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論2
高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」実施手順解説(1)
7 第7週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引・経管栄養」実施手順解説(2)
筆記テスト
8 第8週 9:45~17:30 ・たんの吸引
(口腔内の喀痰吸引 5回以上、鼻腔内の喀痰吸引 5回以上、気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上)
9 第9週 9:45~17:30 ・実習オリエンテーション
(実地研修にあたっての注意事項説明)
・経管栄養
(胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上、経鼻経管栄養 5回以上)
・救急蘇生法
(緊急蘇生法 1回以上)
10 実習期間 -

【実地研修】

<たんの吸引>
・口腔内の喀痰吸引 10回以上
・鼻腔内の喀痰吸引 20回以上
・気管カニューレ内部の喀痰吸引 20回以上

<経管栄養>
・胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 20回以上
・経鼻経管栄養 20回以上

■喀痰吸引等研修(標準コース) ※実地研修先紹介なし
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~18:30 開校式
医療的ケア(保健医療とチーム医療)
医療的ケア(人間と社会)
安全な療養生活
2 第2週 9:45~18:00 清潔保持と感染予防
健康状態の把握
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論1
3 第3週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論2
4 第4週 9:45~17:30 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」概論3
高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引」実施手順解説(1)
5 第5週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論1
6 第6週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」概論2
高齢者及び障がい児・者の「経管栄養」実施手順解説(1)
7 第7週 9:45~18:00 高齢者及び障がい児・者の「たんの吸引・経管栄養」実施手順解説(2)
筆記テスト
8 第8週 9:45~17:30 ・たんの吸引
(口腔内の喀痰吸引 5回以上、鼻腔内の喀痰吸引 5回以上、気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上)
9 第9週 9:45~17:30 ・実習オリエンテーション
(実地研修にあたっての注意事項説明)
・経管栄養
(胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上、経鼻経管栄養 5回以上)
・救急蘇生法
(緊急蘇生法 1回以上)
10 実習期間 -

実地研修(たんの吸引、経管栄養)

※実地研修先の施設はご自身で確保して頂きます。

■医療的ケア(基本研修)修了者コース
回数
日程
時間
内容
1 第1週 9:45~16:45

喀痰吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)
経管栄養(胃ろう腸ろう、経鼻経管)

2 第2週 9:45~17:30

【実技演習】

・口腔内の喀痰吸引 5回以上
・鼻腔内の喀痰吸引 5回以上
・気管カニューレ内部の喀痰吸引 5回以上

3 第3週 9:45~17:30

【実技演習】(経管栄養・救急蘇生)
・胃ろう又は腸ろうによる経管栄養 5回以上
・経鼻経管栄養 5回以上
・救急蘇生法  1回以上


このページの先頭へ

ほっと倶楽部はココがスゴイ!

「福祉の教室 ほっと倶楽部」の運営会社であるニッソーネットは、教育事業のほか、介護・保育・看護に特化した人材サービス事業を行っております。人材サービス事業での経験を生かし、働きながらの資格取得や、資格取得後の就業を支援しています。

またそのほかにも、当校独自の割引制度や、駅近の教室、安心の受講料などの特典を多数ご用意しております。

  1. POINT1

    演習前の講義でシミュレータを用いて喀痰吸引・経管栄養の手順を学べる!

    講義でもシミュレータを用いて、介護現場に近い環境で喀痰吸引・経管栄養の手順を学ぶことができます。評価を受ける前にしっかりと学習ができているため、スムーズに手順を進めることができ、合格率が高まります。

  2. POINT2

    ほっと倶楽部の修了生の方への割引など
    おトクな特典あり!

    ほっと倶楽部でホームヘルパー2級や介護職員基礎研修を修了されている方は受講料を割引いたします!

    受講料・割引制度一覧について、詳しくはこちらへ

  3. POINT3

    講師経験だけでなく介護現場での経験も豊富な質の高い講師陣が、実践で生かせるスキルを伝授!

    ほっと倶楽部の大きな自慢の一つが、講師陣の質の高さ。
    講師経験が豊富なだけでなく、医療現場で実践を積んだプロの講師が、介護現場でも役立つ実践的な知識・技術をお伝えします。

このページの先頭へ

講師からのメッセージ

 

関東エリア担当 石原雅代先生

ほっと倶楽部で喀痰吸引等研修を担当させていただいております講師の石原と申します。

私は、平成13年から訪問看護の現場で働く傍ら、介護資格を取得するための講座やセミナーを担当させていただいておりました。

介護の資格や業務範囲など、目まぐるしく変わっていく昨今ですが、平成24年4月より、介護福祉士や研修を受けた介護職員の方々が、一定の条件のもと、痰の吸引などの医療行為の実施ができるようになりました。

高齢社会が進む中、日常的に医療行為が必要な方に、十分に医療者が行きわたらない現状があり、一番身近にいるケアの提供者である皆さんに、これらの医療行為が望まれています。

介護職である皆さんはこの「医療行為」について、「難しそう」「怖い」と思われる方も多いのではないかと思います。でも、医療者も初めてこれらを行うときは、皆さんと同じ思いで臨んでいます。「怖い」からこそ知識を身につけ、訓練をする、そしてそれをもとに経験を積むのです。

さて、ニッソーネットの喀痰吸引等研修ですが、私の他にも現場経験や知識の豊富な講師が10名ほど在籍し、皆さんがこの研修を受けた後、本当に現場で自信を持って行うことができるよう、何度も内容の検討を重ねてきました。

言葉かけや行為の一つ一つに意味があり、大切な皆さんがこの行為を事故なく安心して行えるような工夫が、各所にちりばめられています。

講義と演習を通して、利用者の方の「命を預かる」厳しさを実感していただきながら、一人一人の個性に合わせて技術習得のお手伝いをさせていただいています。

「ニツソーネットの喀痰吸引等研修」は、他にない細やか指導で私たちが自信を持っておすすめします。

皆さんのキャリアアップのために、また目の前にいる利用者の方の命や生活を守るために、一緒にがんばりましょう!


ほっと倶楽部 関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉) 講師 石原

 

関西エリア担当 久津間久枝先生

ほっと倶楽部で喀痰吸引等研修を担当させていただいております講師の久津間(くつま)と申します。

喀痰吸引等研修では、介護職の方々が医行為といわれている喀痰吸引、経管栄養を医療職と連携をはかりながら実施できるようになる認定証取得のために必要な医学的な知識や安全に実施するための知識、技術の講義を行い、それぞれの手技を説明後、DVDを聴講していただき(DVDはテキストに付いています)、シミュレーターを使用して実際に演習してゆきます。

受講生は、初めての方、職場で体験されている方と様々です。しかし演習の結果には大差はありません。演習の指導方法は、一人ずつ手をとり指導し、なぜその声がけや手技が必要かを説明しながら実施しております。演習はグループで実施し、他の受講生と協力(お互いに手技の確認)をしながら実施しています。初めは、緊張感が漂っておりますが、笑顔が見られるような雰囲気に変わっています。

私は、ご利用者様が療養する中で、一番身近にいる介護職の方が、この医行為を安全に実施するには、ご利用者様が安心して任せてくださるために何が大切かをしっかり身につけていただけるよう講義を進めております。このケアは、身体の苦痛がとれ、お食事を摂取していただくという日常的な介護業務の一つです。常に寄り添いながら自信をもっておこなえるよう一緒に頑張りましょう。日々の忙しい中での学習は強い達成感に繋がってゆきます。


ほっと倶楽部 関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉) 講師 久津間

 

このページの先頭へ

事務局からのメッセージ

 

関東エリア担当 朝田ほっと倶楽部関東事務局の朝田と申します。

入社してかれこれ10数年、技術系社員の採用部署から福祉の部署に移り、大阪本社、横浜支社を経て、現在はほっと倶楽部関東事務局として講座の運営に携わっています。おかげで、仕事を通していろいろな人と知り合うことができました。

自分の今までの仕事選びの基準は「人と関わること」でしたので、福祉・介護の仕事はまさにそのものです。これからも、大変な中にもやりがいのある介護職で頑張っていらっしゃるみなさんのお力になれるようがんばっていきます。

さて最近、自分の親が介護を必要とする年代となり、ほっと倶楽部で推進している喀痰吸引等研修がより身近に感じられるようになりました。介護現場での業務はもちろんのこと、さらに進む高齢化社会の中で家族の中でも、今後さらに必要とされるものになると思います。

当校の喀痰吸引等研修は、各自治体から研修の委託も経験し、評価をいただいています。平成26年度初めて喀痰吸引等研修を実施された相模原市からは、翌年もご指名を受け、2年連続で運営を任せていただきました。相模原市との協力体制の下、初年度は受講生全員が無事修了をされています。

ほっと倶楽部では、信頼できる講師陣と今まで積み重ねてきたノウハウや指導方法で、みなさまの修了までをしっかりサポートさせていただきます。

まずはお電話、資料のご請求、教室見学などお気軽にお問合せください。そして、みなさまと教室でお会いできることを、ほっと倶楽部事務局一同心よりお待ちしております。


ほっと倶楽部 関東事務局(東京・神奈川・千葉・埼玉) 朝田

 

関東エリア担当 府川ほっと倶楽部関東事務局の府川と申します。

趣味は旅行と写真で、最近では香川県の直島を訪れ、大自然の中で大好きな写真をたくさん撮ってきました。

人と関わることが大好きで、好奇心旺盛なので、事務局の仕事はとてもやりがいがあります。トレードマークは黒縁めがねと天然パーマなので見かけたら声をかけてくださいね。

さて、この喀痰吸引等研修は平成24年4月の法の一部改正により、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等においては、一定の条件の下にたんの吸引等の行為を実施できるようになりました。

弊社ほっと倶楽部ではいち早くこの研修を推進し、今では多くの修了生を輩出しています。

特に関東では一般のコースの他にも、埼玉県・千葉県・神奈川県(川崎市・相模原市)といった各自治体から研修の委託も経験し、信用と実績を築いています。

私も実際に基本研修の中のシミュレーターを使っての演習を受けたことがあるのですが、最初は初めて見る機材や専門用語にかなり戸惑いました。しかし、講師の先生のわかりやすい、細やかな指導により、介護経験のない自分でも理解できるようになり、技術をしっかり習得することができました。医療の知識がなくても、医療的ケアの基本をひとつずつ身に付けられるよう、指導方法をはじめ授業内容を工夫して作りこんでいますので、みなさまの修了まできちんとサポートいたします。

ほっと倶楽部では看護現場や講師経験の豊富な先生の指導の下、マンツーマンに近い形で授業を受けることができますので、今後介護現場でもさらに必要とされる喀痰吸引等研修に、是非チャレンジしてください。

喀痰吸引等研修にご興味のある方は、まずは事務局までお問い合わせください。担当者が懇切丁寧にご説明をさせていただきます。「ほっと倶楽部」という名前のとおり、人にやさしく安心して受講いただける教室です。みなさまからのお問い合わせをお待ちしております。

ほっと倶楽部 関東事務局(東京・神奈川・千葉・埼玉) 府川

 

関東エリア担当 秋山ほっと倶楽部関東事務局の秋山と申します。

皆様にご受講いただき弊社福祉の教室ほっと倶楽部を選んで良かったと思っていただ けるようサポートできればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、千葉支社では千葉県から研修の委託も経験し、評価をいただいています。

とても人気のある資格で多数のご応募をいただき、受講された皆様の努力もあり、初年度は142名が無事に修了いたしました。

その実績を評価していただき翌年も連続で千葉県の喀痰吸引等研修を受託させていただいています。

ご応募施設を確認させていただくと高齢者介護施設だけでなく障害者施設や養護学校 と多岐に渡って需要のある資格が喀痰吸引等研修です。

より活躍の場が広がる喀痰吸引等研修のご受講をぜひお考えいただけましたら幸いです。

皆様のご受講をお待ちしております。


ほっと倶楽部 関東事務局(東京・神奈川・千葉・埼玉) 秋山

このページの先頭へ

その他おすすめのコース


関東地方ってこんなところ

関東は東京を中心に全国的に見ると居住年齢層が20~30代と若者が多い地域と言えるでしょう。しかし、近年地方に住んでいた両親に介護が必要となり、都心で働く子供の家族が、自宅付近の介護施設に呼び寄せるという世帯が増えてきています。そのため、全国的に見ても関東地方には老人ホームや介護施設も多く、そこで働く介護職員も常に需要がある状態となっています。また、高齢者は食べ物が気道に入る「誤嚥」を起こしやすく、対処が遅れてしまうとそのまま生命の危機につながってしまう事態になりやすいため、喀痰吸引の実施できる体制を整えた施設は約1200件あり、喀痰吸引の有資格者はどこの施設でも貴重な存在として求められています。



このページの先頭へ


  • 関東・北海道エリア情報