どのような求人がありますか?|喀痰吸引等研修の講座受講・お仕事内容 |介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 喀痰吸引等研修
喀痰吸引等研修

実務者研修Q&A

  1.  

     

    Q.どのような求人がありますか? 

    A.従来は、喀痰吸引や経管栄養等の処置は医療行為であり、医師の指示の下で看護師や准看護士が対応していました。
    しかし、平成24年から法改正により一定の研修を修了した者において、介護職員であってもこれら一部の医療的ケアを行うことができるようになりました。


    実務者研修を修了している場合は、実地研修を受けることで喀痰吸引等を行うことができるようになりますので、すでに介護の現場で働いている方も業務上必要が生じた時点で取得を考えるケースが増えているようです。
    また、実務者研修を修了していない場合でも、所定のカリキュラムを受講し、実地研修受けることで喀痰吸引等を行うことができるようになりました。


    介護職員も、一部の医療的ケアを行うことができるよう制度が整った背景には、介護入所施設や地域生活を支える訪問介護事業所等において、このような医療的ケア実施のニーズが高まっているためと言えます。
    従来のように、看護師だけでは十分にケアが行き届かない現状を踏まえ、介護職員も特にニーズが多いこれらのケアを行うことができるようになったことで、今後はさらに活躍の場も広がることが予想されます。


    現在、喀痰吸引等研修を修了した者が活躍できる職場として、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホームや訪問介護事業所などが挙げられます。
    これらの職場においては、医療や看護との連携を図りながら、多くの介護職員が活躍しています。その中でも、日常的なケアのひとつである喀痰吸引や経管栄養といった医療的ケアを行うことができる介護職員の需要は高いですから、喀痰吸引等研修を修了していることは就職活動の際には大きな強みとなるでしょう。
    この制度が整ってからは、介護職員といっても介護福祉士や実務者研修資格の有無だけでなく、この喀痰吸引等研修資格の有無もあわせて問われる時代になってきました。
    しっかりと介護技術が提供できることが大前提ではありますが、介護の提供か、介護+医療的ケアの提供が可能かという点において、自分の理想とする職場や働き方が左右されることもあります。長期的に介護の仕事を続けていこうと考えている場合には、喀痰吸引等研修資格の意義が大きいと言えるでしょう。



このページの先頭へ

その他おすすめのコース