全身性障がい者ガイドヘルパー 講座内容・講師メッセージ|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 全身性障がい者ガイドヘルパー
  3. 講座内容・講師メッセージ
全身性障がい者ガイドヘルパー

全身性障がい者ガイドヘルパーの講座の流れ

本講座は、座学(講義)と実習の2つから構成されます。
※都道府県によって受講日数が異なります

STEP01
講義

講義

  • 2~3日間

移動支援従業者の業務、その職業倫理についてはもちろん、全身性障がいについての理解を深めるなど、全身性障がい者ガイドヘルパーとして必要な知識を習得します。

STEP02
実習

実習

  • 1~3日間

車イスに乗降するなど、実際に体を動かして障がいのある方の立場に立つことで、技術だけでなく、ご利用者様の気持ちに寄り添った介助を学ぶことができます。

このページの先頭へ

こんなときは、どうなるの?

●講座を欠席した場合

後日、補講を受けていただきます。補講料は無料です。※都道府県によって欠席できる科目の上限が異なりますので、講座を欠席される場合は、事前にご連絡ください。
※三ノ宮駅前校のみ2日間の講義で修了するため、補講は行いません。そのため、講義を欠席された場合は資格の取得ができません。

●講座をキャンセルした場合

開校前日までにキャンセルされた場合は、受講料は全額返金いたします。ただし、振込手数料はお客様のご負担となります。

このページの先頭へ

講師からのメッセージ

受講を検討している方に向けた、講師からの熱いメッセージをご紹介します。

関西エリア担当 宮脇 淳先生

相手の考えを尊重できるようなコミュニケーションの力を育みます!

ガイドヘルパー養成講座では、介護を利用している側の障がい当事者の現場体験談や、ワークショップ(参加型学習)を取り入れ、“ゆっくり・丁寧・熱意こめた”、分かりやすい講義を展開します。
私自身1級の身体障がい者であり、自身の現場体験談を講義の中に盛り込むことで、みなさまのユニバーサルな視点や考え方ができる想像力を養い、おしつけや決めつけではなく、相手をよく観て・よく聴き、相手の考えを尊重できるようなコミュニケーションの力を育めればと思っております。
介護の仕事は、利用者さんの人生を大きく左右する職種であり、責任重大な仕事ですが、その分、達成感や充実感も多く、やり甲斐と喜びのある仕事です。あなたの存在を必要とし、待っている方々が社会に沢山います。
福祉とは、『誰もが(ふ)普段の(く)暮らしを(し)幸せに』=『ふ・く・し』です!
私の生きる支えになっている介護職員の方々の養成に貢献・協力したいと思っています。
介護の仕事をしようと考えている方、身近に介護を必要とする人がいる方、年齢・性別を問わず受講を歓迎いたします!

関西エリア担当 宮脇 淳先生

関西エリア担当 畠 博思先生

分かりやすく、笑顔に溢れ、かつメリハリのある講義を展開します!

私の講義では、受講生のみなさまが参加できるワークショップを取り入れ、楽しみながら興味・理解を深めていけるよう心がけています。
私が講師を目指したきっかけとなった人であり、福祉の師と尊敬する、障がい当事者である講師の方の講演・講義に習い、分かりやすく、笑顔に溢れ、かつメリハリのある講義を展開し、介護職員の養成に貢献したいと考えております。
受講いただくみなさまへ良い影響を与え、ご利用者を第一に考えた介護職員として少しでも長く介護のお仕事に携わっていただければという願いです。
人に興味のある人、何でも楽しめる人、心を豊かにしたい人の受講をお待ちしています!一緒に頑張りましょう!

関西エリア担当 畠 博思先生

このページの先頭へ