実務者研修 たん吸引|介護ニュース|介護の資格取得ならほっと倶楽部

このページの先頭です

ほっと倶楽部は、初任者研修、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなど、福祉・介護の資格取得をめざす方、福祉業界で働く方を全力でサポートします。

お電話でのお問い合わせ・資料請求/0120-933-451
本文へジャンプします。
  1. 介護の資格TOP
  2. 介護ニュース
  3. 実務者研修 たん吸引
あなたに似合うケアがある。介護ニュース
      このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月12日

レクリエーション介護士 魅力

高齢者入所施設やデイサービスのような通所施設、障がい者福祉施設等では、入所者や通所者が利用できるサービス、プログラムの中にレクリエーション活動が組み込まれていることが多くあります。
レクリエーションとは、“re=再び”、“create=作る”が合わさった言葉で、参加した方が元気を回復する様々な活動を指します。ゲームや体操、手芸やカラオケといったレクリエーションを通じて、個人あるいは集団で一緒に活動を行うことにより、自発的な楽しみを創造することを目的として、多くの施設では利用者層の年代や趣味、体力等に合わせたレクリエーションを考え提供しています。



レクリエーション介護士の養成

介護士として勤務経験が長くても、レクリエーションについて専門的な知識・技術を備えていない場合、担当する利用者に適した活動を考え活動を提供する過程は簡単なものではありません。レクリエーション活動の時間を任されたところで“そもそも何をすればいいの?”、“どのような準備が必要?”、“もっと楽しんでもらうための工夫は?”、“レクリエーションについてもっと知りたい”と戸惑うこともあるでしょう。
そこで、介護現場で働く職員のこういった声を反映し誕生したのがレクリエーション介護士資格です。レクリエーション介護士資格の取得を目指す過程では、以下のスキルを身に着けることができるようになっています。


  1. 1.高齢者とスムーズに接するコミュニケーション能力
  2. 2.趣味・特技を活かして高齢者が喜ぶレクを作る能力
  3. 3.自分のアイディアを企画書にしてレクを実行できる能力


以上の3点を身に着けることにより、レクリエーション活動の時間を参加者にとってより有意義なものにし、喜びと楽しみを見つけるお手伝いをすることができる介護士の育成を目指しています。いわば、介護の現場により多くの笑顔を広げる専門家がレクリエーション介護士と言えるでしょう。
レクリエーション介護士の資格は養成校において通学または通信教育にて取得することができ、費用は35000円~が相場です。通学で取得を目指す場合、2日間で集中して取得を目指すコースもありますので、すでに介護の現場で活躍されている方も比較的トライしやすいのでないでしょうか。通信教育の場合は各自のペースで自宅学習を進めていくのですが、1日30分から1時間程度を学習時間に割くとして資格取得までにおよそ3か月が目安となりそうです。



今後ますます求められるレクリエーション介護士

介護を必要とする高齢者の増加に伴い、介護サービスを提供する施設が増える一方で利用者にとって大きな楽しみであるレクリエーション活動について専門的にアプローチできる職員はまだまだ不足しています。施設側にとってもサービス提供の中で大きな比重を占めるレクリエーション活動をより充実させて提供できるスキルを身に着けた人材は大変魅力的ですから、今後介護業界への就職を希望されている方や、介護現場へのボランティアに参加したいと考えている方、すでに介護業界で働いているもののレクリエーション活動を上手く提供できず困っている方などのスキルアップを図る上でおススメの資格と言えるでしょう。
なお、レクリエーション介護士2級資格は経験や資格の有無を問わず誰でも受講することが可能ですし短期間で取得を目指すこともできますので、未経験から介護業界への就職を考えておられる方は一度検討されても良いでしょう。





前のコラムへ
介護ニュース一覧へ戻る
次のコラムへ